トップへ » 矯正治療のゴールとは » 女性ドクター

アットホームな雰囲気で何でも相談できる!

女性ドクター

むし歯の治療と違い、矯正治療は長い期間をかけて行う治療です。矯正担当医との関係も密になり、治療中に悩みを相談する場面も出てくるでしょう。進学や部活動などの相談でしたら、気軽に話せます。また妊娠・出産を控えた女性などからは「女性ドクターだったら安心して相談できる」という声が聞こえてきます。

当院の副院長/矯正歯科担当医は、お子さんやご年配、女性の方でも安心して話せる女性ドクターです。女性ならではのきめ細かな気くばりと、患者さんに寄り添った優しいアドバイスを心がけていますので、お悩みや不安がありましたら、お気軽にご相談ください。

当院では、患者さんの歯の健康を一番に考えています。患者さんは、小学生のお子さんからご年配の方まで幅広く、親子で通院される方も少なくありません。

治療期間中は、矯正装置が気になり嫌な思いをされることもあるかもしれません。そうした方でも、最後まで気持ちよく治療を受けていただくため、まず第一に患者さんとのコミュニケーションを深めながら、ストレスを少なくするメンタル面のアドバイスを心がけています。そしてもちろん、各種目立ちにくい装置のご用意などもしております。

アットホームな雰囲気を大切にし、すべての世代の患者さんが気軽に相談できる環境を整えていますので、リラックスしながら治療を受けていただきたいと思います。

矯正治療でポジティブさをアピール!女性ドクター
就職活動を控えた大学生の相談で多いのが「就活前までに矯正治療が終わりますか?」「就活中は矯正装置を外せますか?」というお悩みです。多くの学生さんは、口元から矯正装置が見えると面接官の印象が悪くなると考えているようです。そんな方にはこんなアドバイスをしています。

「矯正治療をするということは、歯並びを治したいというポジティブな気持ちの表れです。あなたのことを"前向きな人"と評価してくださる面接官もいらっしゃると思いますよ。」

たとえ矯正装置がついていても、面接官の前で堂々と受け答えをしていれば、あなたの誠実さとポジティブさが伝わるはずです。装置が目立つからとネガティブにならず、ポジティブさをアピールしてみてはいかがですか?

コンプレックスを与えない診療

女性ドクターむし歯治療を受けたときに、一般歯科のドクターから矯正治療おすすめられたことはありませんか。歯並びがむし歯の原因となっていることがあるため、矯正すればリスクを減らすことができます。しかし、患者さんが矯正治療の必要性を感じていなければ、かえってコンプレックスを生み出すことになります。

当院では、患者さんにコンプレックスを生み出さないよう心がけています。

むし歯の治療中に矯正の必要があると思われる方には、歯並びとむし歯の関係を説明いたします。そのとき治療に興味を持たれた方には、矯正担当医がカウンセリングをとおして詳しく説明したします。一方、関心のない方には、無理に矯正治療をおすすめることはありません。

院長/一般歯科担当医、および副院長/矯正歯科担当医ともに、患者さんに不必要な心配を与えないように配慮をしていますので、安心して治療を受けてください。

患者さんに合わせた適切な情報提供
不必要な心配を与えないとはいえ、歯科医である以上は、患者さんの症状に合わせた適切な情報提供を行わなければなりません。歯並びが原因で歯周病や歯肉炎を引き起こしている場合には、矯正治療の重要性をきちんとお伝えしています。

矯正治療をすると歯ブラシがうまくあたるようになります。また、特定の歯のみに過剰な力がかかることで起こる歯周病や歯肉炎が予防できます。矯正治療の重要性をきちんと説明し、興味を持たれたときに、矯正担当医によるカウンセリングを実施しています。

妊娠・出産を控えている方へ

妊娠・出産を控えている方へ妊娠中は矯正治療ができないと思われている方がいらっしゃいますが、矯正中の妊娠は母体や胎児に影響はありません。引き続き治療が受けられますのでご安心ください。

ただし、妊娠中はレントゲン撮影ができません。お口の中の詳しい分析や正しい診断ができなくなります。また、通院できない期間ができ、治療の長期化もまねきます。既に妊娠中の方でこれから治療を始めようと考えている方は、出産後、体調が安定してからがよいでしょう。

また、妊娠中・出産前後の方には、胎児や赤ちゃんも含めた歯の健康指導も行っています。気になることがありましたら、遠慮せずにご相談ください。


トップへ » 矯正治療のゴールとは » 女性ドクター



TOP