トップへ » 矯正治療のゴールとは » 矯正認定医

正しい矯正治療って何だろう?

矯正認定医

矯正治療は、高度な技術と豊富な知識が求められる治療です。そのため、最低でも5年以上、矯正治療の専門的なトレーニングを受けなければ、一人立ちが難しいと言われています。

当院/副院長は、日本矯正歯科学会の「認定医」の資格を持つ矯正担当医です。これまでに、難しい症例から特異なケースまで、多くの歯並びを改善してきました。また、矯正歯科医のスタディ・グループ「与五沢(よござわ)矯正研究会」や日本矯正歯科協会(JIO)に所属し、症例研究や研究発表をとおして、矯正治療の技術習得にも努めております。

ハイレベルな矯正治療
矯正治療のゴールは、より美しく、より安定した噛み合わせを創り、歯をより長持ちさせることです。当院では、高度な技術が求められる「スタンダードエッジワイズ法」による、一人ひとりに合わせた矯正治療を行っています。もう、矯正治療は無理と諦めてしまわずに、ぜひ一度ご相談ください。

認定医とは?矯正認定医
「認定医」とは、日本矯正歯科学会が認定する資格のひとつで、基準をクリアした矯正医に与えられます。

日本の薬事法では、歯科医の免許を取得していれば診療科目を自由に掲げることができるため、同じ矯正歯科医であっても、経験や技術に大きな差が出てしまいます。そこで日本矯正歯科学会では、矯正歯科医師の治療技術を向上させるために「認定医」制度を設け、一定の基準を満たした者に対して資格を与えています。

なお、現在、認定医は全国でわずか2,500人。これは矯正治療を行う歯科医の約1割にあたります。


トップへ » 矯正治療のゴールとは » 矯正認定医



TOP