トップへ » 矯正治療のゴールとは » オーダーメイド矯正

患者さんに合った治療を行います

オーダーメイド矯正

「歯がでこぼこしているけど、矯正治療できるの?」
「歯にゆがみがあるので、矯正治療ができないと言われた」

このように、歯に歪みやねじれがあるため、矯正治療を諦めている方はいませんか。矯正歯科にはさまざまな治療方法がありますので、症状に合った治療方法を選べば、こうした悩みは解消されます。

当院の矯正治療は、一人ひとりの患者さんに合わせたオーダーメイド矯正です。歯やあごの大きさと患者さんの適応能力を考えた矯正治療を行っています。オーダーメイド矯正ですので、治療が無理と諦めずに、一度ご相談ください。

あらゆる症例に適応できるオーダーメイド矯正

オーダーメイド矯正当院では、より美しく、よりしっかり噛めて、より長持ちさせるために、マルチブラケット法による矯正治療を行っています。

マルチブラケット法は、ワイヤーの力で歯を移動させる、最もスタンダードな治療法です。1本1本の歯を3次元的に動かすことができ、歯や骨の状態を考えながらワイヤーを調整していきます。歯を効率よく動かし、すべての症例に適応できる、優れた治療法と言えます。

現在、マルチブラケット法で使うワイヤーには、ストレートワイヤー法とスタンダードエッジワイズ法の二種類があります。それぞれ特徴がありますが、当院では、あらゆる症例にカスタマイズできるスタンダードエッジワイズ法を採用しています。

二種類のマルチブラケット法
●ストレートワイヤー法
アーチ型になった既成のワイヤーを使用する方法。あらかじめ型が決まっているので、複雑な症例になると対応が難しい場合があります。現在、広く使われている方法です。

●スタンダードエッジワイズ法
真っ直ぐなワイヤーをあごの大きさや形に合わせながら曲げていく方法です。高度な技術が必要とされますが、患者さんに合わせたオーダーメイドの矯正治療ができます。

歯やあごが適応できる、長期に安定する矯正治療を

オーダーメイド矯正歯には元の場所に戻ろうとする性質があるため、矯正治療後のある程度の後戻りはつきものと言われています。けれども当院では、歯とあごの大きさのバランスを考慮しながら、後戻りを最小限に抑え、長期に安定する治療を行っています。

歯並びや噛み合わせ、歯が動く範囲は患者さんごとに異なります。身長を無理に伸ばせないように、あごも無理には広がりません。無理に歯を移動させれば患者さんの体にダメージを与え兼ねません。あごの大きさと歯の可動範囲を越えないように治療を進めていきますので、体に適応し、歯が長持ちするように仕上げることができます。

与五沢矯正研究会HP内「治療法と装置」(http://www.yogosawa.org/pat_apparatus.html


トップへ » 矯正治療のゴールとは » オーダーメイド矯正



TOP