トップへ » 矯正治療のゴールとは » 女性ドクター » 妊娠・出産を控えている方へ

妊娠・出産を控えている方へ

妊娠・出産を控えている方へ妊娠中は矯正治療ができないと思われている方がいらっしゃいますが、矯正中の妊娠は母体や胎児に影響はありません。引き続き治療が受けられますのでご安心ください。

ただし、妊娠中はレントゲン撮影ができません。お口の中の詳しい分析や正しい診断ができなくなります。また、通院できない期間ができ、治療の長期化もまねきます。既に妊娠中の方でこれから治療を始めようと考えている方は、出産後、体調が安定してからがよいでしょう。

また、妊娠中・出産前後の方には、胎児や赤ちゃんも含めた歯の健康指導も行っています。気になることがありましたら、遠慮せずにご相談ください。


トップへ » 矯正治療のゴールとは » 女性ドクター » 妊娠・出産を控えている方へ



TOP