トップへ » 矯正治療のゴールとは » 女性ドクター » コンプレックスを与えない診療

コンプレックスを与えない診療

女性ドクターむし歯治療を受けたときに、一般歯科のドクターから矯正治療おすすめられたことはありませんか。歯並びがむし歯の原因となっていることがあるため、矯正すればリスクを減らすことができます。しかし、患者さんが矯正治療の必要性を感じていなければ、かえってコンプレックスを生み出すことになります。

当院では、患者さんにコンプレックスを生み出さないよう心がけています。

むし歯の治療中に矯正の必要があると思われる方には、歯並びとむし歯の関係を説明いたします。そのとき治療に興味を持たれた方には、矯正担当医がカウンセリングをとおして詳しく説明したします。一方、関心のない方には、無理に矯正治療をおすすめることはありません。

院長/一般歯科担当医、および副院長/矯正歯科担当医ともに、患者さんに不必要な心配を与えないように配慮をしていますので、安心して治療を受けてください。

患者さんに合わせた適切な情報提供
不必要な心配を与えないとはいえ、歯科医である以上は、患者さんの症状に合わせた適切な情報提供を行わなければなりません。歯並びが原因で歯周病や歯肉炎を引き起こしている場合には、矯正治療の重要性をきちんとお伝えしています。

矯正治療をすると歯ブラシがうまくあたるようになります。また、特定の歯のみに過剰な力がかかることで起こる歯周病や歯肉炎が予防できます。矯正治療の重要性をきちんと説明し、興味を持たれたときに、矯正担当医によるカウンセリングを実施しています。


トップへ » 矯正治療のゴールとは » 女性ドクター » コンプレックスを与えない診療



TOP