トップへ » 矯正治療のゴールとは » 一般歯科との連携 » まずは歯肉の状態の安定から

まずは歯肉の状態の安定から

一般歯科との連携歯周病がある場合、その状態で治療を始めると、歯周病の進行が早まって歯並びがガタガタになり、よい治療結果が得られません。こうしたリスクを避けるために、まず一般歯科担当医が歯周病治療を行って歯肉の状態を安定させ、矯正担当医が治療可能と判断してから矯正治療を始めます。


トップへ » 矯正治療のゴールとは » 一般歯科との連携 » まずは歯肉の状態の安定から



TOP