トップへ » 矯正治療のゴールとは » 一般歯科との連携 » 治療中のむし歯予防対策

治療中のむし歯予防対策

一般歯科との連携当院では、矯正治療中にもむし歯を防ぐために、徹底した予防対策を取っています。

当院の4つのむし歯予防対策
その1 治療前にPMTCで汚れを落とす
むし歯や歯周病のリスクを減らすために、本格的な歯のクリーニング「PMTC」を施して汚れを落としてから、矯正装置を取り付けます。

その2 装置装着時にむし歯予防キットを提供
むし歯を防ぐには、歯みがきが最も効果的。ご自宅できちんと口腔ケアができるように、装置装着時に歯ブラシや洗口液などをセットにした「むし歯予防キット」をお渡ししています。もちろん、みがき方指導もあわせて行います。

その3 通院時には、毎回PMTCで汚れを落とす
調整期間中は、装置の間に溜まっている汚れを取り除くために、毎回ワイヤーを取り外してPMTCを行います。

その4 フッ素塗布をする
PMTCの仕上げにフッ素やハイドキシアパタイト、クロルヘキシジン等、患者さんの状態にあったお薬を塗布して、むし歯を防ぎます。

むし歯を寄せ付けない、本格的な歯のクリーニングPMTC一般歯科との連携
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、本格的な歯のクリーニングのことです。専用器具を使い、歯の表面に付着した汚れを1本1本取り除いていきます。使用する器具はシリコンゴムなどのやわらかい素材でできていますので、ソフトな刺激で歯や歯周ポケット内の汚れもキレイに落とせます。歯の表面がつるつるになり、お口の中全体が爽やかになります。


トップへ » 矯正治療のゴールとは » 一般歯科との連携 » 治療中のむし歯予防対策



TOP