トップへ » 矯正治療のゴールとは » 一般歯科との連携 » 一般歯科と連携した矯正治療の強み

一般歯科と連携した矯正治療の強み

一般歯科との連携

矯正治療を始めるとき、多くの方が心配されるのが、抜歯の処置や治療中のむし歯ではないでしょうか。通常、矯正専門医院ではこうした処置は行わず、一般歯科医院に紹介しています。患者さんの中には2つの医院に行かなければならず、煩わしさを感じる方も少なくないでしょう。

当院は、一般歯科医(院長)と矯正歯科担当医(副院長)がいる歯科・矯正歯科クリニックです。2人のドクターによる、それぞれの得意分野を活かした、より専門性の高い高度な歯科診療を実現しています。矯正治療から、治療中のむし歯や親知らずの抜歯まで、連携した歯科治療を行っていますので、何かありましたらすぐにご相談ください。

2人のドクターが、治療中のトラブルに速やかに対応!
一般歯科医院の中には、外部の矯正担当医を招いて矯正治療を行っている場合があります。担当医が常駐していませんので、トラブルが起きても迅速な対応ができません。当院は2人のドクターがいつでもおりますので、トラブルが起きたときにすぐに連絡をいただければ速やかに対応いたします。

矯正治療を始めるときに、親不知の抜歯やむし歯・歯肉炎などがある方は、まずそれらの処置をしてから、矯正担当医が治療に入ります。また、矯正期間中にむし歯ができた場合でも、ワイヤーを取り外してむし歯治療を受けることができます。

2人のドクターが、より美しく、よりよく噛めて、より長持ちする歯のためにベストを尽くしますので、安心してご相談ください。


トップへ » 矯正治療のゴールとは » 一般歯科との連携 » 一般歯科と連携した矯正治療の強み



TOP