トップへ » 初めての方へ » 子供の矯正

子供の矯正

子どもの矯正

矯正治療のゴールは、永久歯がより美しくより良く噛み合い長持ちすることです。早く治療を始めれば早く終るといったのものでもありません。

子どもの矯正治療の最大の特徴は、成長発育を利用した治療ができることです。また子どもは、身体の適応能力が高い時期でもあります。ただやみくもに早く始めることが良いとはいえません。

適切な時期に成長変化を見極めた(予測した)治療を開始することが大切です。

子供の矯正治療はいつ頃から始めればいいですか?

子どもの矯正治療を始めるタイミングについてはさまざまな意見があり、不安に思われている方も多いと思います。一般的には2段階に分けて治療を行う場合と、永久歯が生え揃うころまで待って行う場合とがあります。2段階(第1期、第2期)に分けて治療を行う必要がある方は、歯並びが原因であごのスムーズな成長発育が妨げられているような場合です。そのような場合は、下図のような流れで治療を行います。

子供の矯正

矯正のゴールは、全部の永久歯がしっかり噛み合い、長持ちすることです。お子さんの成長を見ながら、7~8歳頃に矯正担当医に相談に行き、適切な時期を判断してもらうことをおすすめしています。もちろん、3才児検診で不正咬合と診断され、不安になられる親御さんもおられるでしょうし、何歳からでもご相談いただけます。

気になったら早めに相談子供の矯正治療
治療開始時期は、お子さんの成長を見ながら見極められるように、定期検診をおすすめします。

遅すぎて治療できないということはありません。しかし、ちょうど良いタイミングがあります。また成長には個人差があり、一概に何歳からとも言えません。

身長を無理に伸ばすことができないように、あごの骨も無理に大きくすることはできません。「早く始めてあごを広げれば...」という言葉を鵜呑みにしないでください。

早期(Ⅰ期)治療が必要な場合
重度の出っ歯で唇が閉じられなかったり、あごの成長が阻害されているとき、また舌が入りこんで上下の前歯が噛まず発音に問題があるときなどは、身体の適応能力の高い早期の治療が有効な場合があります。また、受け口で下あごの歯が上あごの成長を邪魔している場合も、早めに治療を始めることがあります。

さまざまな治療例のページへ

まずは気軽に矯正相談から

子供の矯正まずは、むし歯予防のためにも、歯の健康診断として半年に一度のフッ素塗布をおすすめします。その際歯並びが気になればご相談下さい。お子さんの歯並びや噛み合わせを定期的に観察し、適切な時期に治療ができるようにアドバイスいたします。

なお、骨格や歯並びは遺伝する傾向があります。特にご両親が矯正治療を受けている場合は、お子さんの歯並びにも影響を与える恐れがありますので、定期検診をおすすめします。

永久歯が生え揃う頃は、お子さんもイベントが多い時期
一般に、一番奥の永久歯を12歳臼歯とか13歳臼歯と呼びます。その頃になると、親御さんの手を離れ、生えてきた奥歯の噛み合わせが実は悪かったけど気づかなかったということも。また、生えてくる途中でむし歯になっていたということもあります。

だんだんと忙しくなるお子さんだからこそ、夏休み、春休みなど、学校のお休みごとの定期健診、フッ素塗布をおすすめしています。また、お子さんのイベントと相談して、矯正治療開始にちょうど良い時期をアドバイスいたします。

矯正の治療開始時期は、イベントが終わってからでも大丈夫
たとえば中学受験を控えている、高校受験を控えているなど、お子さんには忙しい時期があります。また矯正装置には、慣れる期間が必要です。装置が入っていても勉強はできますが、調整すると2、3日違和感が出ます。毎週末模試がある、というような時期からのスタートではなく、ひと山越えた後のスタートでも大丈夫です。


トップへ » 初めての方へ » 子供の矯正



TOP