トップへ » 初めての方へ » タイプ別矯正

歯並びがでこぼこ(叢生)

叢生●歯の列がでこぼこしていると感じる
●歯に食べカスが残りやすい

「叢生(そうせい)/乱杭歯、八重歯」である可能性があります。乳歯から永久歯への生え変わりがうまくいかなかったり、あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪いために、歯がでこぼこに生えたり、重なったりしている状態です。

【叢生のデメリット】
歯が磨きにくく、むし歯や歯肉炎を起こしやすくなります。歯周病にまで発展すると、若くても歯を失う可能性があります。

叢生の症例を見る
 

受け口で悩んでいます(反対咬合/下突咬合)

反対咬合●口を閉じると、下の歯列が上の歯列よりも前に出ている
●あごがしゃくれている
●うまく咀しゃくができない
●言葉が聞き取りにくい、と言われることがある

反対咬合(はんたいこうごう)/下突咬合(かとつこうごう)」である可能性があります。一般的には「受け口」と言われます。遺伝的な要因が強く影響しています。

【受け口のデメリット】
成長期では、上あごの発育が阻害されます。また発音しづらい状態です。奥歯に過剰な力が加わり、奥歯が痛みやすくなります。また、下の前歯が内側に倒れているため歯が磨きにくくなり、歯石もたまりやすくなります。

反対咬合/下突咬合の症例を見る
 

出っ歯がずっと気になっています(上突咬合/両突咬合)

上突咬合●上の前歯が下の前歯よりも、ひどく前に出ている
●上唇が上がったままで、口を閉じにくい
●無理して口を閉じると、口元が不自然に歪む

「上突咬合(じょうとつこうごう)/両突咬合(りょうとつこうごう)」である可能性があります。一般的には「出っ歯」と呼ばれます。前歯の角度異常、上あごが大きい、下あごが小さい、指しゃぶりの癖などが原因となります。いつも口が開いている人にも見られる症状です。

【上突咬合、両突咬合(出っ歯)のデメリット】
口をうまく閉じることができず、歯が乾くため、汚れが溜まりやすく、むし歯や歯周炎を起こしやすくなります。一見歯並びが良いように見えている人もいますが、口を閉じると口元が不自然に緊張します。

上突咬合/両突咬合の症例を見る
 

前歯でものが噛み切れない(開咬合)

開咬●口を閉じても上の前歯と下の前歯の間に隙間ができてしまう
●舌を前方に突き出す癖がある

「開咬合(かいこうごう)」である可能性があります。遺伝的な骨格の問題や、子供の頃の指しゃぶりから、舌を突き出す癖ができたことが原因の人もいます。また、親知らずが生えてきたことが原因で開咬合になる人もいます。上下の前歯を閉じても隙間ができるため、前歯で食べ物を噛み切ることが難しく、横の歯で噛み切ってしまいます。

【開咬合のデメリット】
奥歯で噛み合っている状態になるため、奥歯が痛みやすくなります。発音しづらいため、言葉が不明瞭で聞き取りにくくなることもあります。

開咬合の症例を見る
 

噛み合わせが深い(過蓋咬合)

過蓋咬合●噛み合わせると前歯が深く噛み込み、上の歯が下の歯を隠してしまう

「過蓋咬合(かがいこうごう)」である可能性があります。噛み合わせが深すぎる状態です。笑ったときに上あごの歯肉が見えてしまったり、下の前歯が上あごの内側の歯肉を傷つけて炎症が起こってしまうこともあります。

【過蓋咬合のデメリット】
噛み合わせが深すぎるため歯をすべらせにくく、噛みしめやすいタイプです。歯に過剰な力がかかり、その負担から歯をダメにすることもあります。

過蓋咬合の症例を見る
 

すきっ歯で悩んでいる(空隙歯列)

すきっ歯●歯と歯の間が空いている
●サ行などが発音しにくい

「空隙歯列(くうげきしれつ)」である可能性があります。あごと歯の大きさが合っていない(あごが大きいか、歯が小さい)場合や、そもそも生えてきている歯が足りないこと、舌癖が原因となる可能性もあります。

【すきっ歯のデメリット】
歯と歯の間に隙間ができてしまっている状態なので、そこに歯石がたまりやすく、歯周病を起こしたりします。また逆に、歯周病が原因で歯が移動してしまい、すきっ歯になる人もいます。その場合は、まず歯周病の治療が必要です。


トップへ » 初めての方へ » タイプ別矯正



TOP