トップへ » 初めての方へ » 子供の矯正 » 子供の矯正治療はいつ頃から始めればいいですか?

子供の矯正治療はいつ頃から始めればいいですか?

子どもの矯正治療を始めるタイミングについてはさまざまな意見があり、不安に思われている方も多いと思います。一般的には2段階に分けて治療を行う場合と、永久歯が生え揃うころまで待って行う場合とがあります。2段階(第1期、第2期)に分けて治療を行う必要がある方は、歯並びが原因であごのスムーズな成長発育が妨げられているような場合です。そのような場合は、下図のような流れで治療を行います。

子供の矯正

矯正のゴールは、全部の永久歯がしっかり噛み合い、長持ちすることです。お子さんの成長を見ながら、7~8歳頃に矯正担当医に相談に行き、適切な時期を判断してもらうことをおすすめしています。もちろん、3才児検診で不正咬合と診断され、不安になられる親御さんもおられるでしょうし、何歳からでもご相談いただけます。

気になったら早めに相談子供の矯正治療
治療開始時期は、お子さんの成長を見ながら見極められるように、定期検診をおすすめします。

遅すぎて治療できないということはありません。しかし、ちょうど良いタイミングがあります。また成長には個人差があり、一概に何歳からとも言えません。

身長を無理に伸ばすことができないように、あごの骨も無理に大きくすることはできません。「早く始めてあごを広げれば...」という言葉を鵜呑みにしないでください。

早期(Ⅰ期)治療が必要な場合
重度の出っ歯で唇が閉じられなかったり、あごの成長が阻害されているとき、また舌が入りこんで上下の前歯が噛まず発音に問題があるときなどは、身体の適応能力の高い早期の治療が有効な場合があります。また、受け口で下あごの歯が上あごの成長を邪魔している場合も、早めに治療を始めることがあります。

さまざまな治療例のページへ


トップへ » 初めての方へ » 子供の矯正 » 子供の矯正治療はいつ頃から始めればいいですか?



TOP