トップへ » 初めての方へ » 大人の矯正 » 抜く・抜かないについて

抜く・抜かないについて

大人の矯正抜歯・非抜歯についてはさまざまな考え方があります。最近では非抜歯矯正の宣伝をよく目にしますが、それがすべての人にあてはまるということはありません。あごが小さな人は、歯が顎骨のラインからはみ出してしまいます。もちろん抜かずに済む人を不必要に抜いたりはしません。矯正医である前に一人の歯科医として、1本でも多くの歯を残したいと思っています。

ただ、見た目の歯の本数を残すために非抜歯とするのか、残りの全体の歯を長持ちさせるために歯をを抜くのか、より長い目で見た判断が必要です。当院では、歯がより良い状態でより長持ちできる矯正治療を考えていますので、なぜ抜歯が必要なのかをきちんと説明し、ご理解いただいた上で抜歯をいたします。

抜歯・非抜歯は、詳しい検査で判断します
日本人は面長で、骨格が薄くて奥行きがありません。歯とあごのバランスが悪い人が多いため、矯正治療をするときは、日本人のおよそ8割が、抜歯が必要だと言われています。

当院では、抜歯・非抜歯を判断するときは、きちんと検査を行い、総合的に診断した上で決めます。レントゲン写真や模型を使って歯とあごの大きさのバランスを分析し、歯があごのラインにきちんとおさまると判断したときは抜きません。


トップへ » 初めての方へ » 大人の矯正 » 抜く・抜かないについて



TOP