トップへ » 初めての方へ » タイプ別矯正 » 前歯でものが噛み切れない(開咬合)

前歯でものが噛み切れない(開咬合)

開咬●口を閉じても上の前歯と下の前歯の間に隙間ができてしまう
●舌を前方に突き出す癖がある

「開咬合(かいこうごう)」である可能性があります。遺伝的な骨格の問題や、子供の頃の指しゃぶりから、舌を突き出す癖ができたことが原因の人もいます。また、親知らずが生えてきたことが原因で開咬合になる人もいます。上下の前歯を閉じても隙間ができるため、前歯で食べ物を噛み切ることが難しく、横の歯で噛み切ってしまいます。

【開咬合のデメリット】
奥歯で噛み合っている状態になるため、奥歯が痛みやすくなります。発音しづらいため、言葉が不明瞭で聞き取りにくくなることもあります。

開咬合の症例を見る
 


トップへ » 初めての方へ » タイプ別矯正 » 前歯でものが噛み切れない(開咬合)



TOP