トップへ » 矯正担当ドクターあいさつ » 真摯な先生方との出会い

真摯な先生方との出会い

院長あいさつ与五沢矯正研究会に入会させていただいたことで、「歯も人もモノではなく生体であり、その人の適応能を理解して治療することが、安定した予後の治療につながる」という、治療の指針を得ることができました。

矯正治療は1+1=2といった単純なものではありません。経験を積み重ね、フィードバックしながら治療技術を習得していかなければ、一人ひとりに合った治療はできません。とはいえ、1人で学ぶには経験値が少なく限界があります。

幸いなことに、与五沢研究会には、常に真摯に患者さんと向き合う、すばらしい技術と知識を持った先生方がいらっしゃいます。トップクラスの方と触れ合い、その教えを学ぶことが、今の私にとって何よりの原動力となっています。


トップへ » 矯正担当ドクターあいさつ » 真摯な先生方との出会い



TOP