2010年4月 « トップへ » 2014年3月

2012年6月29日

治療に入る前までにかかる費用

項目 イメージ 内容 価格(税込)
初診料 初診相談料 30分~1時間
初診ならびに矯正相談
お口の中を診察させていただき、矯正治療の概要をご説明します。
3,000円
検査料 精密検査料 1時間程度
お口やお顔の写真、歯列の模型(歯の型とり)、噛み合わせ、歯や頭や顎骨のレントゲン写真など、診断に必要な資料を採取します。
30,000円
診断料 診断料 1時間程度
検査結果をもとに、分析・診断と治療方針・治療後の予測について詳しく説明いたします。
20,000円

お子さまの矯正費用

項目 イメージ 内容 価格(税込)
基本料 第1期治療 混合歯列期/Ⅰ期治療 250,000円
第2期治療費 永久歯列期/Ⅱ期治療 250,000円
メタルブラケット メタルブラケット 金属素材を使ったブラケットです。強度に優れ、歯を効率よく動かすことができます。 500,000円
審美ブラケット 審美ブラケット 歯の色に近い素材を使うので審美性が高く、目立ちにくいのが特徴です。 550,000円
保定観察料 保定観察料 矯正治療後、「後戻り」を防止するために、3~4ヶ月に一度来院していただき観察します。 30,000円

※基本料金は不正咬合の状態によっても変わります。
※基本料金の第1回目のお支払いは原則として装置装着時にお願いいたします。

成人矯正の費用(基本料)

項目 イメージ 内容 価格(税込)
メタルブラケット メタルブラケット 金属素材を使ったブラケットです。強度に優れ、歯を効率よく動かすことができます。 500,000円
審美ブラケット 審美ブラケット 歯の色に近い素材を使うので審美性が高く、目立ちにくいのが特徴です。 550,000円
保定観察料 保定観察料 矯正治療後、「後戻り」を防止するために、3~4ヶ月に一度来院していただき観察します。 30,000円

※基本料金は不正咬合の状態によっても変わります。
※基本料金の第1回目のお支払いは原則として装置装着時にお願いいたします。

処置および調整料

項目 イメージ 内容 価格(税込)
管理処置料 管理処置料 3~4週間に一回ほどのペースで通院していただき、装置の調整を行います。 4,500円/1回

お支払い方法

当院では、現金でのお支払いの他に分割払い、クレジットカードでお支払いいただけます。

受付での分割支払い
治療が終わるまでの間に(6回以内)でご自分で計画を立ててお支払い頂きます。
手数料の掛からない当院独自のお支払い方法です。

一括支払い
受付でのお支払い、または当院指定の銀行口座へお振込み下さい。
注:銀行口座へのお振込み手数料は患者さんのご負担になります。

デンタルローン
デンタルローンをご用意しております。
詳しくはお問い合わせください。

クレジットカード
クレジットカードでもお支払い可能です。
クレジットカード

矯正治療やインプラントなどの自由診療では健康保険は使えませんが、高額治療費は医療費控除の対象になります。

医療費控除について

外観・エントランス

受付

院長あいさつばんどう歯科・矯正歯科クリニックは北九州市小倉にある歯科医院です。地域の皆様の歯の健康を考え、安心してご来院いただけるクリニックを目指しております。

医院入り口の階段には、体の不自由な方のために昇降機を設置しております。ご利用の際はインターホンを鳴らしていただければスタッフが対応いたします。

受付・待合室

待合室

受付ではご予約の相談や、治療中の疑問・質問など、どうぞお気軽にお尋ねください。また、歯ブラシなどのデンタルグッズを販売しております。

レンガ作りの暖かみのある空間でリラックスしながら診療をお待ちいただけるよう配慮しております。また、ウォーターサーバーを設置しておりますので、どうぞご自由にお飲みください。
玄関には清潔に保たれた抗菌スリッパを常備しております。

待合室待合室

診療室

診療室

プライバシーに配慮した半個室の診療室です。常に気持ちよく使用していただくために、感染対策や滅菌には細心の注意を払っています。

カウンセリングルーム

カウンセリングルーム

治療前の矯正相談や、治療計画などのご説明を行うスペースです。完全個室ですので、悩みはもちろん、費用や期間のことなど、どうぞお気軽にご相談ください。

ブラッシングスペース

ブラッシングスペース

診療前、診療後のブラッシングやお化粧直しのために、当院ではブラッシングスペースを完備しています。どうぞ、お気軽にご利用ください。

デジタルレントゲンとCT

レントゲン
CT.jpg
レントゲンレントゲンは、放射線により見えないところを見えるようにする、歯科治療には欠かせない装置です。
レントゲン撮影によって得られる情報は多岐にわたっていて、特に、歯と歯の間のむし歯や歯を支える骨(歯槽骨)の状態などは、レントゲンなしでは見ることができません。でも、レントゲンの被爆が気になられる方もおられるかもしれません。当院では被曝の少ないデジタルレントゲン撮影を行っています。また歯科で使用する量は、自然放射線より遥かに小さいものです。また、必ず防護エプロンも使用しますのでご安心ください。(右画像クリックで拡大します)
さらに、当院では最新の歯科用CTを導入していますので、詳細な診断が可能です。
ただしMRIは設置していません。必要な際には、連携医療機関での撮影をお願いしています。
●牧山中央病院
http://www.iwakikai.com/makiyama/index.html
●九州歯科大学付属病院
http://www.kyu-dent.ac.jp/hospital/

感染対策

感染対策感染対策感染対策

治療において、忘れてはならないのが感染対策です。

当院では手袋やコップ、エプロンまで、可能な限りディスポーサブル(使い捨て)を徹底しています。使用するミラーやピンセットなどは、滅菌パックに入れて、患者さんの前で開封いたします。また、高圧蒸気滅菌器、高温オイル消毒器などの各種機器にて消毒・滅菌処理を行っておりますので、ご年配の方から小さなお子さままで安心して治療を受けて頂けます。


2010年4月 « トップへ » 2014年3月



TOP